2022年05月16日

2022.05.09まさか梅雨入り?

 なんか降りそうなそうでもなさそうなグズグズの予報が続いていると思ってたら、関東甲信梅雨入りかも?っていう記事が目に入りちょっと驚く。
 まあ、雨が降ってくれるぶんには悪くはないか。

 体調等もろもろ不調なれど、雨が降ったら自動的にシーバス狙いとしているのでイマイチ降りがおとなしく期待薄だけど出かける。
 夕方干潮なのでA川Aポイントだけ。増水も濁りもほぼ無し。
 対岸流れ込み、何度かセイゴがアタッたけど掛からず。もどって本流と支流合流は反応なし。
 ショボかった。

 港内みまわるかとLVポイント流れ込み周辺やってたらボンデンかなにかに引っかけてルア−なくす。
 絶不調だなこりゃ。
タグ:シーバス
posted by ナマジ at 00:00| Comment(0) | 顛末記2022

2022年05月13日

2022.05.06久しぶりの刺身ネタ

 昨日の情報収集の時に、排水ボラポイントの周りにボラがうろついてたので、排水流れたらこれは食ってくるだろうなということで、マメに見回るかと朝ご飯食べて8時半頃ユルユルと出かける。

 排水流れてる。ボラいっぱい居る。
 はやる心を抑えて9番タックル用意して、ソッと群の端の方にコバンフライを垂らす。
 意外に食ってこない。っていうかなんか咥えてもすぐに吐いて伝家の宝刀抜いても掛からん。
 しかし、何回かからぶってやっと掛けた。50無いぐらいで手頃な大きさで刺身で食うにはちょうど良いなと思ったら、最初のダッシュでポロリ。あれほど”釣ってる最中に刺身のことを考えるな!”と言ったのにこの始末。

 1匹バラすとあからさまに警戒して食ってこなくなる。というか明らかに吐き出すのが早い。ハリスちょい太目の4号ぐらいのが付いてたけど、どうせフックが12番とか小さくてドラグも強くは掛けられないのでハリス2号に落とす。
 食いそうで食わないのを粘って何とか食わせる。
 あからさまにさっきのよりデカくて手こずりそうで腰引けるが、掛けてしまったものは仕方ない。頑張ってやりとりする。
 2度ほど沖に突っ走ったのを寄せてきて、3度目の突っ込みでワシの方がいい加減疲れてきたので「走れ走れ!」って竿あおったらやっぱりまだ余力あったのか、久しぶりにバッキングラインが出る突っ走り。9番ロッドで制御不能なこの走りは白身魚では異常。
 思いっきり走らせた甲斐があってやっと浮かせることができるようになってきて、丁寧に時間掛けて空気吸わせて落としダモ用意して無事確保。
22DSC_0020.jpg
 56センチと長さもあるけどボテッと太って目方もある。これでしばらく卵とおあげさんの日々から逃れられる。感謝して鰓からナイフ入れて脳天即締めして、タモで海中に吊してしばらく放血させてるあいだに帰り支度。

 見回り一発目で”当たり”引くとはちょっと良い風向きになって来たか。まあボチボチ釣れるもの釣っていこう。
posted by ナマジ at 00:00| Comment(0) | 顛末記2022

2022年05月12日

2022.05.05魚ッケは溢れてるけどワシが釣る魚がおらん

 2日ほど休漁したけど、何釣って良いのやら状態で釣りモノ見失っている。
 こういうときは情報収集がてらルアーロッド1本持ってあちこち見て回るかと16時頃出発。一応チヌがそろそろかなというのを見て回りつつ、鮎の遡上状況をチェック、ウグイちゃんに遊んでもらって港の釣れ具合を調査ぐらいか。

 とりあえず自転車でチャリチャリと行く、途中橋の上から見るとイナッコか鮎かわからんけど群れてる魚が見える。
 しかし、側溝ポイントはウグイちゃんおらず。支流ポイントも鮎はおろかウグイちゃんもおらずで、釣れなかったら”心のオアシス”ウグイちゃんと思ってたけど、今日は留守なのでスカの気配が濃厚に立ち上がってきた。

 砂ゴロタ護岸へ、これがチヌ全然いなくて、移動していって砂浜では潮干狩りしたような痕跡が波にのまれつつある上げげ時で良い感じだと思うんだけど、砂浜岬状の先で1匹見つけたけどすぐ逃げられて、戻って延々歩いて天橋立方面まで行く間に1匹また逃げられて、天橋立が沈みかかってるイイ潮具合のゴロタの浅場に、なんか赤いのがゆっくり泳いでいて、弱ったイカかなんかかなと見ていたらよく見ると魚で平べったいベラ系のやや大型種、多分テンスだと思う。釣ったことない魚なので是非釣りたいとCD5で狙うも五月蝿そうにして沖にいってしまった。今日一番の盛り上がりだったけどモノにできず。

 沖のテトラの裏っかわに秋にはセイゴが良くいたので4センチのシンペンで狙ってると、後ろから丸いのが追ってくるので、すかさず食わせの間を入れて掛ける。
22P5059385.JPG
 マイクロセブンC1のこの銘板ハゲ個体、いまだ投入以来丸ボウズなし。今日は流石に丸ボウズだろうとおもったけど、しぶとく1匹。クサフグでも魚触れれば楽しい安上がりな釣り人。

 丸ボウズも逃れたし、港見回って終わるかと撤退しつつ見て回る。満ちてきたM川上から見るとボラの群の中に60弱ぐらいのフッコ。橋の下に降りて狙えるといえば狙える位置だったけど、明るい時間のシーバスは餌か障害物についてないとまず釣れんぐらい難しいのでやめておく。
 港はどこもあまり釣れてない感じ。排水ボラポイントにボラがうろついていたので排水流れたら行けるかも。
 N川は浅瀬にみっちりハクが寄っていた。川に餌ッケがあるのならシーバス期待できる。
 岸壁所々見て回るも、豆アジはチラホラ居る程度でもう一声というかんじ、かつどこでも豆ネンブツ系は多くて、今年は豆ネンブツ避けるのは難しいのかも。食うか餌にするか釣れるの織り込み済みで作戦練る必要があるかも。しかし真面目に狙い始めると3桁の釣果になるはずで、頭と鱗取るとホントに小さい魚なので面倒くせぇなという気がする。泳がせもしくはぶっ込みの餌にしてなんか良い魚を狙うか?コバンは丸ごと焼いたのをバリバリ食ってくれるので愛猫の餌的には安定生産できて悪くないんだけどワシの餌に困るのよね。

 てなことを考えつつ、夕マズメ18時頃、最後LVポイントの流れ込み周辺、なんか回ってこないかとスプーン投げてたら、目の前を50ぐらいのフッコ2匹が通過。スプーン全く無視、その辺にいるならとポッパー投げて、フラットラップ投げて、レッドペッパーベイビー投げてラパラF7投げてと粘ってみるも反応なく諦めて撤収。

 魚ッケはある。シーバスは特にあちこち目につくぐらいだから来てる。あとは良い雨来たら期待できそう。オカズ釣りの方が豆アジ来たら何とかなると思ってたけど豆ネンブツ系との闘いに突入していきそうで、苦戦しそう。
posted by ナマジ at 00:00| Comment(0) | 顛末記2022

2022年05月09日

2022.05.02近所漁港高難易度

 5月ぐらいの、中アジが釣りにくくなって豆アジにはまだ早いぐらいの端境期をどう釣るかというのはオカズ釣りにおける重要課題で、ゴールデンウィーク中の天気のいい日なので、釣り人いっぱい居るだろうからどこか釣れてるだろうから、その辺に潜り込んでコマセに寄ったけどサビキを食いきらない中アジなり豆アジなりを釣ってしまうという腹づもりで、ちょい早めの16時頃に出かける。

 まずは生け簀ポイント。豆アジ浮いているのが見えてたらここで勝負賭けても良いんだけど、チラホラ見えたけどコマセ打っても湧いてこず諦める。
 IPポイント、EUポイント方面、釣り人は多いけど釣れとらんので、人のコマセで魚釣ろうというアテが外れる。
 IPポイント奥のここ最近の釣り座は空いていたので入ってコマセ摘まんで落とすと、ワラワラとネンブツダイ系中心に豆アジも混じって湧いてくるので、2.4mタナゴ仕掛け風で始めるも、豆アジより先に豆クロホシイシモチが高活性で食って来て、コリャダメだ。
 ということで、コマセで水面にジャミを湧かせつつ3.3mの螺旋仕掛けにして、アジ切り身餌で3.5mぐらいの宙深の棚に刺し餌を入れていくと、途中で刺し餌がピンポンされてるのが見えるけど、棚まで届くと良いアタリが出てポツポツと釣れてくる。多少型の良くなったクロホシイシモチとネンブツダイが。
P502937820220502_170224.jpg
 まだ明るい時間が続くので、アジの時合いまでネンブツ系釣れるなら大きめのだけ持ち帰るかと確保するも意外に数は伸びず5,6匹でアタリ遠のく。
 豆アジ一匹釣れて、豆アジもいないわけじゃないけど固め打ちしにくい状況。
P502938120220502_182116.jpg

 暗くなってきてムツッ仔。
P502938220220502_190832.jpg
 なんか、浅い棚をどう見ても中アジっぽいのが高速で泳ぎ回ってるので棚を2mぐらいにしたら、中アジやっと来た。
P502938320220502_193113.jpg
 もいっちょ釣って、ヨッシャ時合い突入とおもったら、それっきりでたまにアタッてもネンブツ系。

 中アジ時合いはこんなもんだろうから、はよカタボシイワシ時合い来てくれと思うンだけど、今日はいつまでたっても浅い棚に豆ネンブツダイ豆クロホシイシモチが湧いていて、カタボシイワシの群が見えてこない。
 20時半過ぎて、こりゃカタボシイワシもどっか行ったなと諦めて撤収。

 覚悟はしてたけど、想定以上に難しい状況。中アジ釣れなくてもコッパグレとかウミタナゴとか釣れればオカズ釣りとしては成立するけど、どちらも今年は居ない。育ったら食おうと楽しみにしていたアイゴも冬にはあんなに湧いてたのにいなくなった。心のオアシスであるゴンズイもここのところ見かけない。鮎の遡上は今年もまだ確認できないので期待薄だし、雨降ったらシーバス以外に何釣って良いのか釣りモノ見失ってる状態。あんまりウグイちゃんを頼りにしたくないけど最後の切り札はウグイちゃんかな。
 虫餌買ってキス釣りとかもあるけど、ちょっとピンとこない。これから本格化する豆アジをとにかく固め打ちできるようにアレコレ考えてみるか。
 暑かったり日が沈むと意外に寒かったりもあって体調もいまいち、釣れン時期に無理して体力使うべきじゃないか?とはいっても釣りには行きたくなるのよね。
タグ:海水小物
posted by ナマジ at 00:00| Comment(0) | 顛末記2022

2022年05月08日

2022.05.01五月の雨

 ゴールデンウィーク中は釣りはサボり気味で行くつもりだけど、明け方から午前中にかけて携帯に大雨情報がピロピロ来るぐらいに良い雨が来たので、19時頃の満潮に合わせてサクッと1時間勝負ぐらいでN川と港内ぐらい見回ってみる。

 19時半頃にN川流れ込みポイントに着くと、やや勢いはないけど流れはあって前回インビンでバラしてるのでインビンシブル8DRから始める。
 3,4投目で下流側護岸際舐めるようにして流れ込み直下を引いてたら食った。グーッと持ってくのを待ってアワセるとジッとドラグが出てバシャバシャ暴れ始めたけどバレずに潜り始めたので、下流の柵が低いところに誘導して、ミッチェル式で切ってあったストッパーをONにして落としダモに誘導。
 大きさ的には40無いぐらいで引っこ抜けそうだったけど、口の前の方に掛かってたので取り込みの練習がてら落としダモ使ったけど、ハリ穴広がってて抜かずに正解だった。
22P5019376.JPG
 もうちょい型が良いといいんだけど、まあ贅沢は言うまい。狙ったところに魚入っててキッチリ釣ったのは上出来。
 も一つぐらい行けるかなと粘るも不発で、時間開けた方がいいかなと判断して排水溝前と港内スロープ見に行って、反応なしで戻ってきて、なんか変えた方がイイんだろうなとインビンの5センチも持って来ていたので、濁りとかなくて地味目なルアーの方がイイかもと使ってみたら、やっぱり流れ込み直下で食って来て、アワせたらジャンプ一発で納税。30無いぐらいのセイゴだった。

 まあ1匹釣れたしめでたしめでたしで、1時間半ぐらいでサクッと撤収。
 港の中はあんまりウネリも入ってなくて、明日は釣り人多いだろうけど人のコマセで寄った魚釣るぐらいの気持ちで情報収集がてら豆アジ、中アジ、カタボシイワシを狙ってみる予定。
タグ:シーバス
posted by ナマジ at 00:00| Comment(0) | 顛末記2022